HOT-LINEについて

無線機について

アマチュア無線の免許

トランシーバーについて

ビジネスフォンについて

 

 

アマチュア無線の免許について

バイク好きな方や、ツーリングの際などアマチュア無線は非常に便利だといわれています。では、どのように活用されているのでしょうか?また、免許を取得するにはどうしたらいいのでしょうか?このページでは会社設立に役に立つかもしれないアマチュア無線に関する情報をご紹介していきたいと思います。

 

そもそも、アマチュア無線って何?

実は私たちの家にある電話よりも先に日本中・・・いいえ世界中を電波で繋げていたのはアマチュア無線だったようです。そして、そのアマチュア無線は現在のインターネットに深く結びつきがあるとされています。アマチュア無線もそうですが、現代人に欠かせないアイテムの携帯電話やパソコンなどもアンテナから電波を送って通信を行っています。アマチュア無線機を分かりやすく一言で言うならば、トランシーバーよりも周波数の出力の大きく電波を遠くまで飛ばすことができる通信機器といえるでしょう。

 

どうして免許が必要なのか?

トランシーバーや、携帯電話を使用するときは何の免許や資格がなくてもいいのに、無線の場合はなぜ免許が必要になるのか不思議に思う方も多いようです。トランシーバーと比較して無線は大量の電波を使用します。目に見えないこの電波は実はかけがえのない資源であって無限にあるものではないのです。ですから日本でも電波に関する法律はきちんと定義されています。いつでも誰でも電波を勝手に使用してはいけないのです。

 

アマチュア無線の免許の種類

私たちが運転している自動車にもAT免許とMT免許といった種類があるように、アマチュア無線にも免許の種類というものがあります。ひとつは、「アマチュア無線局免許状」という免許で、電波を実際に出力させるための無線機を登録するための免許になります。そしてもう1つが、「無線技士従事者免許」というもので、こちらは無線機本体を使用するための免許となっています。つまり、両方の免許を取得して初めて交信することができるということになるのです。

 

第一級アマチュア無線技士

国家試験の日程/4月・8月・12月

電波の操作許可範囲など/全部のアマチュアバンド操作が可能

 

第二級アマチュア無線技士

国家試験の日程/4月・8月・12月

電波の操作許可範囲など/全部のアマチュアバンド操作が可能。ただし空中線電力は200W以下。

 

第三級アマチュア無線技士

国家試験の日程/お問い合わせください

電波の操作許可範囲など/10・14MHz以外のアマチュアバンド操作が可能。ただし空中線電力は50W以下。

 

第三級アマチュア無線技士

国家試験の日程/お問い合わせください

電波の操作許可範囲など/1.9・10・14・18MHz以外のアマチュアバンド操作が可能。ただし空中線電力は10W以下。


注目サイト

じゃらん

http://www.jalan.net/

スーツケース 軽量

http://www.suncoshop.com/

Last update:2014/11/18

Copyright(c) hot-line .2008 All Right reserved.